• ホーム
  • できもののニキビにはオロナインか抗真菌薬です

できもののニキビにはオロナインか抗真菌薬です

手で足裏を触る女性

体に出来るできものというとニキビが知られていますが、ニキビのできものを治すためには薬を塗布することも必要です。
ニキビのできものは肩や背中などの身体に出来るニキビを治す際に使用する薬で大切なポイントは、顔に出来るニキビとは菌の種類が違うということです。
身体に出来るニキビは治りにくい印象がありますが、身体のニキビに対しての対策をすることで治りやすいできものでもあるのです。

背中に出来たニキビなどはオロナインを塗ることで治ることも考えられます。
オロナインは抗菌作用や殺菌作用がある成分が含まれており、炎症を起こした背中などのニキビの改善には適していると言えます。
使用する際は、背中に出来たニキビに優しく乗せます。
大量のオロナインを塗ると毛穴を防ぐことになり、ニキビに刺激を与えて肌への負担が大きくなるため注意が必要です。
オロナインの殺菌効果が期待できるのは炎症を起こしているニキビで、初期の白ニキビなどは皮脂が詰まっただけなので効果は期待できません。
顔に出来るニキビはアクネ菌が原因で、身体に出来るニキビは真菌です。
オロナインはこの真菌には効果がないこともあり、真菌に対してはオロナインではなくカビなどの真菌に使用する抗真菌薬を使用します。
真菌はカビ菌なので通常の保湿するスキンケアでは治りません。

保湿も大切ですが真菌によるニキビの炎症を抑えるためには抗真菌薬が必要なのです。
ニキビの炎症は放置するとニキビ跡や黒ずみなどになりやすいため炎症は早めにケアする必要があります。
ニキビが炎症している場合にはオロナインを使用することも可能ですが、ニキビの状態により効果がない場合もあるため、状態を見極めることも必要です。
抗真菌薬は皮膚科で処方してもらえるため、正しく見極めてもらうためにもニキビが炎症を起こした場合には皮膚科を受診することが良い方法です。

サイト内検索
人気記事一覧