• ホーム
  • 抗真菌剤ルリコンはどんな薬?

抗真菌剤ルリコンはどんな薬?

女性の脚

抗真菌薬のルリコンは、真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールが作られることを邪魔することで症状を改善する作用があります。
真菌感染症には大きく分けて表在性真菌症と深在性真菌症があります。
表在性真菌症は髪の毛、爪、角質、表皮などの身体の表面に留まるもので、原因になる菌は白癬菌、カンジダなどがありますが、殆どが白癬菌が原因です。
皮膚の常在菌なため免疫力が低下した場合などにみられます。
深在性真菌症は皮膚の真皮より下の皮下組織や臓器になで及ぶものです。

白癬菌は酵素を出し、皮膚の角質の成分であるケラチンというたんぱく質を溶かして食べることで増殖します。
皮膚や角質、爪などケラチンが多く含まれる部位に発生しやすいのです。
白癬菌やカンジダなどの真菌の細胞膜を構成している主な成分はエルゴステロールで、人の細胞膜は主にコレステロールで、エルゴステロールが作られる家庭で邪魔することで真菌を死滅させることができるのです。

ルリコンは、白癬菌やカンジダなどの真菌に対して幅広い効果が期待でき、即効性にも優れています。
ルリコンは抗真菌薬で、抗真菌薬には真菌の増殖を抑えるタイプと真菌を無くすタイプがあり、ルリコンは真菌を無くすタイプです。
効果も強力で確実に効果が実感でき、効果に即効性があり、他の真菌薬の半分の期間で他の抗真菌薬と同等の効果が得られます。
また、ルリコンは皮膚の角質層に長時間留まることができるため、1日1回の塗布で効果が持続するため1日に何度も塗る必要はありません。

ルリコンを治療に使用するのは、皮膚に真菌が感染した場合です。
皮膚に感染する可能性が高い真菌はほぼ白癬菌で、白癬が足に感染すると水虫、身体に感染するとたむし、股に感染すると股部白癬になります。